滅菌に対するこだわり

患者様に安心して治療を受けていただきたい。

当院が滅菌にこだわる理由としては、「患者様に安心して治療を受けていただきたい」という思いからきています。

昨今、歯科医院の滅菌についての問題が指摘されていますが、「ここのお水や器具は大丈夫ですか?」とお声を頂く機会が増えてきています。

当院は、そういった患者様の不安を解消するために滅菌に力を入れ、安全な歯科治療をうけていただけるように、以下の設備を導入しております。

クラッセ歯科クリニックのお水は、除菌された清潔なお水です。

お水除菌装置「ポセイドン」を導入

除菌装置ポセイドン

治療に使用するチェア(歯科ユニット)には、水が流れています。
お口をゆすぐためのお水、治療器具から出される水など全ては、ウォーターラインから給水されるものです。

給水停止時に、ウォーターラインに滞留している水道水に含まれる残留塩素濃度が低下することで、菌が繁殖しやすくなると考えられています。こういったお水を使用して治療をすることが、問題として取り上げられています。

そういった問題を解決するためにポセイドンは大きな効果を発揮します。

ポセイドンの4つの特徴

  • ポセイドンを設置するだけで、残留塩素濃度を補正してくれる
  • 無添加の電気分解(中性電解水)なので、飲用にも適している
  • 水道水中のカルキやサビなどの汚れを除去してくれる
  • 水道法の給水器具として認証を取得しているので安心

ポセイドンの重要性

患者様のお口に入るお水が清潔で身体に害がないお水にするためには、お水の中に含まれる微生物の繁殖を抑制し、治療用チェアのウォーターラインの衛生環境の維持が重要になります。

ポセイドンを導入することは、患者様に安全・安心な治療を受けていただくために大きな役割をもっています。

クラッセ歯科クリニックは、院内感染対策を行っています。

オートクレーブクラスB滅菌器Lisaを導入

オートクレーブクラスB滅菌器Lisa

滅菌器には、クラスB・クラスS・クラスNとグレードが分かれています。当院では、その最高グレードであるクラスBの滅菌器を使用しています。患者様の治療時に使用する機材をすべて滅菌し、安心安全な歯科医療を提供することをお約束致します。

オートクレーブクラスB滅菌器LISAの特徴(LISA特徴)

「あらゆる種類、形状の被滅菌物を安全に滅菌することが出来る」とされているように、治療に使用した器具に付着した細菌やウイルスを死滅させることが出来るのが特徴です。

個別包装を行い、使用直前に開封します。

個別包装

器具はすべて個別包装をします。滅菌した器具を使用直前に開封しますので、安心して治療をうけていただくことができます。

ディスポーザブル製品の使用

ディスポーザブル製品

滅菌に不向きなもの(コップ・グローブ・エプロンなど)はディスポーザブル製品を使用し、患者様ごとに取り替えています。

患者様が心から安心して治療を受けていただけるように。

除菌装置やクラスB滅菌器などは、世界に比べて日本の普及率はまだまだ低いのが現状です。当院は、患者様に心から安心して治療を受けていただくために、使用する器具やお水の除菌・滅菌にこだわりましたので、当院での診療をお考えの方はご安心してご来院くださいませ。