根管治療(歯内療法)について

根管治療(歯内療法)ってなに?

根管治療について

虫歯が進行して神経に到達してしまうと、歯根にある部分の神経が炎症や感染を引き起こしてしまいます。そうなった場合、歯根にある神経を取り除き、根の部分をキレイに掃除する治療を行う必要があります。この治療を根管治療や歯内療法と呼びます。

どのような症状があるの?

  • 冷たいものがしみて、ジンジンと持続する
  • 温かいものがしみて、痛みがある
  • ズキンズキンと脈を打つような痛みがある
  • 激痛がいきなり収まった
  • 歯茎から膿が出てきた

上記のような症状がある場合、根管治療が必要な一般的な症状です。
虫歯の進行は止まらず進んでいきますので、放っておけば最悪抜歯に至る場合があります。少しでも違和感を感じたら、ガマンせずにご相談ください。

当院が考える根管治療で重要な3つのポイント

歯の神経を残すことができるかどうか?

当院が根管治療を行う上で重要なポイントは、「神経を残すことができるかどうか?」です。神経の神経を花に例えると、神経は花の根っこと一緒で栄養や水分を運ぶ重要な役割があり、神経を取り除くということは十分な栄養や水分が供給されなくなってしまうので、やがて枯れてしまいます。つまり歯が脆くなり、割れやすくなってしまうのです。

当院は「なるべく神経を残す」取り組みを最優先させますが、神経を取らなくては行けない場合は歯根の掃除を徹底して行い、治療後は再発しないよう患者様と二人三脚でメンテナンスを行います。

治療中に起こりうるリスクを防ぐ(ラバーダム防湿)

根管治療は歯の根の治療を行い、根っこに存在する最近を限りなく減らす治療です。その治療の最中に細菌が入り込んでしまうと、根管治療は成功しません。

どのように細菌が入り込むかというと、それは「唾液」によるものです。お口の中には無数の細菌が住み着いてます。ラバーダム防湿を行うことで、唾液の侵入を防ぎ、再治療をなくすような取り組みがとても重要なのです。

マイクロスコープ・高倍率ルーペを使用した精密治療

歯の根というのは患者様が想像している異常に、細くて暗い部分ので肉眼で治療することは困難です。そこで、当院はマイクロスコープや高倍率ルーペ−を使用し、肉眼の最大20倍に拡大した視野で治療を行うことで、正確かつ的確な治療を可能にするので、治療の成功率は格段にアップします。

根管治療の治療方法

実際に根管治療はどのような治療をするのかをご説明します。

歯を削ります

1. 歯を削ります

歯を削る前に、ラバーダム防湿をします。
神経が露出するよう、歯を削ります。

神経を取り除き、根の先の掃除をします。

2. 神経を取り除き、根の先の掃除をします。

汚染されてしまった神経(歯髄と言います)を取り除き、ファイルという治療器具を使って手作業で根の先の掃除を丁寧にします。当院では高倍率の拡大鏡を使用し、肉眼では確認できない細部まで正確に清掃をしていきます。

薬剤を隙間なく詰める

3. 薬剤を隙間なく詰める

薬剤を隙間なく詰めることは、根管治療には重要なファクターです。
根の先に隙間を残してしまうと、再感染するスペースが出来ることになりますので、確実な薬剤充填が求められます。

コア(土台)を立てて、クラウン(被せ物)をする

4. コア(土台)を立てて、クラウン(被せ物)をする

薬剤充填が終わったら、コアと呼ばれる土台を立て、その上に被せ物をします。被せ物に関しては保険適用のメタル(銀歯)と自由診療のセラミックス(白い被せ物)などの選択肢があります。

根管治療で知っておいてほしいこと

根管治療は再発をすると歯や神経を残すことが難しくなります。

根管治療は、1回目の治療が最も大切だと言っても過言ではないです。1回目できちんと治療完了、そして治療後の定期検診を行うことがこの治療の最も重要なことです。再発をすると、治療の難易度は格段にあがり、神経をとらなければならないどころか、歯根自体を残すことも難しくなります。治療を途中でやめないこと。そして、再発をさせないために定期的に検診をうけることが大切です。

根管治療は地道な治療です

根管治療は、歯科治療の中でも重要な治療の一つなのですが、歯の状態によっては、治療期間が一番長くなる可能性があります。治療をすると痛みがなくなるので治ったと思ってしまったり、治療期間が長いので治っているという実感が湧きにくいというのがこの治療の特徴です。

治療を完了するまでモチベーションを維持するのはとても大変ですが、当院も患者様と共に全力で治療に取り組みますので、患者様もめげずに完治に向けて地道に通っていただければと思っております。