小児矯正をご検討中の方へ

小児矯正って大切なの?

小児歯科を受診された時に「小児矯正ってやっぱり大切なの?」と質問受けることが多いです。小児矯正は、お子様の歯並びや咬み合わせが成長していく上でとても大切です。

このページでは、当院が小児矯正に関して考えていることをお伝えできればと思っています

なぜ小児矯正が必要なの?

当院では“成長過程だからこそ出来る矯正治療”という考え方があります。

大人になってからの成人矯正とは違い、「成長過程」というところがキーポイントになります。そのキーポイントについてお話します。

不正咬合のリスク要因を取り除く!

不正咬合の原因

  • 口呼吸
  • お口ポカン
  • 長い時間の指しゃぶり
  • 正しい舌の使い方が出来ていない
  • 姿勢

など、様々な原因が考えられます。
悪癖というのですが、お子様の何気ない所作が不正咬合のリスク要因になる可能性があります。

不正咬合の種類

  • 叢生(そうせい):八重歯や乱ぐい歯とも呼ばれます。
  • 上顎前突(じょうがくせんとつ):出っ歯とも呼ばれます。
  • 反対咬合(はんたいこうごう):受け口とも呼ばれ、上下反対に噛み合う状態です。
  • 過蓋咬合(過蓋咬合):上の歯が下の歯を覆い被す状態です。
  • 開口(かいこう):オープンバイトとも呼ばれ、前歯が噛み合わない状態です。
  • 交叉咬合(こうさこうごう):上下の奥歯の咬み合わせが横にズレた状態です。

乳歯が何らかの理由で抜けたり、顎の成長の状態によっては上記のような不正咬合になってしまうリスクが生じます。しかし、適切な対処をすればこのような不正咬合を防ぐことが出来ます。

顎の発育をコントロールする!

小児期は大人と違い、顎の成長途中です。だからこそ、歯が良くない方向へ行くことを抑制したり、歯の成長を促したりとコントロールすることが出来ます。

成長段階だからこそ出来る治療の選択肢があることが最大のメリットであると言えます。

では、いつから小児矯正を行うべきなの?

小児矯正を開始する時期は、個人差があります。永久歯への生え変わり時期や不正咬合か否か、指しゃぶりなどの癖の有無、顎の成長時期・・・など個人によって異なります。

お子様の状況を総合的に判断することで、矯正を始めるのに一番良いタイミングを決定します。

とは言え、それだとイメージがつかないと思いますので、一般的な適齢期をお伝えします。

第一期治療:混合歯列期(6〜10歳)

混合歯列期というのは、乳歯と永久歯が同時に生えている時期のことを言います。この時期に行う目的は、主に顎のバランスを整えたり、不正咬合が診断された場合に治す治療のことを言います。この時期に行うと、不正咬合を防いだり、永久歯になったときの矯正治療が比較的簡単な矯正で済むことが大きなメリットです。

第二期治療:永久歯列期(永久歯に生え変わった状態)

第二期治療は、歯と顎の状態が合わないなどが明確になります。ブラケットという装置(歯1本1本に装着)や取り外しのできるマウスピース型の矯正装置を用いて治療します。大人の矯正治療と同じ方法です。

上記の適齢期の中でも、当院は第一期治療が大切だと考えます。

第一期治療=「予防矯正」

当院の考える「予防矯正」とは?

歯並びの改善や咬み合わせの改善はもちろん、小児矯正をすることで他にも得られる予防効果があります。

口呼吸の改善

鼻呼吸への切り替えを促します。口呼吸はウイルスを直接口から吸い込んでしまうため、扁桃腺が腫れたり、風邪を引きやすくなるだけでなく、いびきの原因にもなります。これらを予防する効果があります。

お口ポカンの改善

お口ポカンは上記でお話した、口呼吸をすることになります。ポカン口は口の中が乾燥しやすくなるため、唾液の除菌作用の恩恵を受けることが出来ず、むし歯や歯周病になりやすくなります。ポカン口の改善は、むし歯や歯周病に対する予防効果もあります。

正しい飲み込み(異常嚥下)の改善

きちんと飲み込めないというお悩みを持たれている親御様がいらっしゃいます。その原因は、正常に顎が発達していないことが原因だということがわかってきました。このような原因も予防することができます。

むし歯や歯周病の予防になる

正しい歯並びになると、歯磨きがしやすくなるため、磨き残しが少なくなります。
矯正治療を行うことで、むし歯や歯周病の予防になります。

当院で行う矯正治療「プレオルソ」

プレオルソは起きている間に1時間、就寝時に使用します。学校や遊ぶ時に持っていく必要はなく、お家にいる間に使用していただくので、お子様のライフサイクルに支障はありません。

歯並びや咬み合わせを整えると共に、癖がついてしまった下の動きやお口の筋肉を正常に矯正する装置がプレオルソです。本格的な矯正を行う前にプレオルソを使用した予防矯正を当院では行っています。

親御さんにお伝えしたいこと

小児期に歯並びを整えることは、将来のお子様の健やかな成長をより良くしていくことができます。歯並びは見た目を整えるだけが目的ではなく、発音・咀嚼・悪癖の改善・虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

お子様が将来歯のことで悩むことなく、楽しい毎日を送っていただくために、是非親御さんにはお子様のお口のこと考えていただきたいと願っています。