小児歯科をお探しの方へ

当院の小児歯科に対する考え方

「子供たちに自然と笑顔になれる白く輝く美しい歯を」

虫歯を作らず、銀歯のないお子様に育って欲しい。もし、虫歯になったとしても、二度と再発しないように。大人になって、一本も治療されていない“白く輝く美しい歯”を持って過ごしてもらうことが「夢」ではなく「現実」にしていくのがクラッセ歯科の小児歯科です。

お子様が将来お口のことで辛い思いをしないように。

親御さんの中には、自分自身がお口のことで辛い思いをしたという経験がある方がいらっしゃるのではないでしょうか?親御さん自身の経験から、「お子様にそのような思いをさせたくない」と思い、歯医者に連れて行くことが多いのでないでしょうか?
お子様のために親御さんが“今できること”を行いましょう。

お子様の「お口の健康管理」が大切です。

お子様の歯が生え始めてから、永久歯に生え変わるまでお口の健康管理をすることが重要です。特に幼少期の歯は柔らかいので虫歯になりやすいだけでなく、一生付き合っていく大切な永久歯の基礎ができる時期でもあります。

健康の管理はとても重要で、全ての歯が永久歯に生え変わる14〜15歳までは気を許すことが出来ません。虫歯に対するリスクを継続して調べて、お子様個々に適した予防プログラムを作成します。

お子様が成人を迎えた時、虫歯のない健康な歯でいられるように、予防を始めてみませんか?予防することに遅いということはありません。

当院が考える小児歯科の重要性

歯医者嫌いにならないための努力

幼少期のお口の環境は、お子様のその後の心と身体の発達に大きく影響を与えます。歯医者嫌いになってしまうのは、主に幼少期の嫌なイメージが残っており、大人になってから歯医者にいくことが億劫になってしまうことが最も多いケースです。

乳歯は抜けてるから放置でも大丈夫!?

乳歯はいずれ抜けてしまう歯ですが、虫歯の乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に、永久歯が乳歯から細菌を移されてしまい、虫歯になってしまうというケースが多いので、乳歯だからといって放置してはいけません。また乳歯は永久歯の質や歯並びにとても重要な役割をもっているので、疎かにせずに、ケアを行うようにしましょう。

小児歯科の治療メニュー

お口の中の3チェック

  • 虫番のチェック
  • ブラッシングのチェック
  • 歯並びのチェック

歯科処置

  • 虫歯治療
  • シーラント
  • フッ素塗布(歯質強化)
  • 歯科衛生士による口腔ケア
  • 小児育成矯正(プレオルソ)

お子様のお口の状況に合わせた大切なお話

ブラッシングの練習や食生活のお話をします。お子様個々のお口にあった予防方法を担当の歯科衛生士と共に考え、実践していきます。幼少期からの良い生活習慣を身につける絶好の機会なので、大切なお子様のためにお口に対する理解を深めましょう!

親御さんへお伝えしたいこと

お子様にとって通いやすい歯医者になるために、クラッセ歯科は様々な工夫をしています。お子様の気持ちをよく理解し、「歯医者さんは怖くないところなんだ!」と思ってもらえるよう心がけています。

そして、当院では無理矢理お子様の治療を行いません。治療に使う器具を触ってみたり、どんな音がするのか聞いてもらいながら慣れ親しんでもらいます。お子様の治療は歯医者になれていただきながら少しずつ進めていきます。

お子様のお口のことで疑問やお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。